決算発表後に株価上昇した配当貴族銘柄ターゲット【TGT】を売却!

スポンサーリンク
資産運用

こんにちは、アルパカです。

数ヶ月ぶりに米国株を売買しました。

 

スポンサーリンク

ターゲット【TGT】を売却

ターゲットは総合ディスカウントストアを運営し、日用品や衣料品、食品、ペットフード等を販売しています。上品なドン・キホーテ、そんなイメージです。

メインターゲットは低収入層〜中間層。

世界最大の小売業ウォルマート【WMT】と比較されがちです。

<出典>ビジネス+IT

 

世界の小売業の売上高ランキングです。

そのウォルマートとはだいぶ水を開けられている状況で(ウォルマートが頭おかしい)、2016年時には世界第11位の小売となっています。上位ではありません。それでも我が国トップの16位イオンよりも上回っていることからも企業規模の大きさがわかります。

低収入層〜中間層をターゲットとし、価格を安めに設定しているターゲット、2位のコストコは比較的富裕層に人気なので、やはり1位のウォルマートがバチバチの競合先になります。加えて競合となるのがアマゾン。ウォルマートは生鮮品が強いのに対し、ターゲットはどちらかというと雑貨類が強い。それが得意なアマゾンとも競合になります。アマゾンはホールフーズを買収し、リアル店舗参入を始めたことからターゲットは今後の成長に不安を抱えています。事実、アマゾンのリアル店舗参入の発表後、小売業の株価は大幅下落しました。

ついに「amazon go(アマゾン・ゴー)」がオープン!レジ係がいないキャッシュレスなリアル店舗!
1月22日(現地時間)、アマゾンがかねてから発表していたレジ係りがいないコンビニ「amazon go(アマゾン・ゴー)」をアメリカ・シアトルにオープンさせました...

 

 

ただ、

  • 49年連続増配の配当貴族
  • S&P格付…A

など、優良企業である証もしっかり抑えておきたいところ。

そう誇り高き、配当貴族銘柄でもあります。配当金目的の投資家からしたら魅力的ですね。

2018年米国株(アメリカ株)配当貴族、安定の25年連続増配銘柄で配当金を増やす!
こんにちは。アルパカです。 米国株には50年以上連続増配を成し遂げている【配当王】なるものがあります。S&P 500などの市場平均よりも高いパフォ...

 

 

ターゲットの決算発表

先日、2Qの決算発表がありました。

内容は良かったです。

 

EPS $1.47 予想 +$0.07
売上 $17.55B (+6.9% Y/Y) 予想 +$240M

といずれも予想を上回りました。

 

結果、株価は上昇。

 

どうするか悩みましたが、結局手放すことに決めました。@87.8ドル

30株@53.3ドルで取得していたので、12万円ほどの利益確定です。

 

売却理由

  • キャピタルゲインがインカムゲイン見込の10年分以上に達したこと
  • 今後の業績にやや不安が残ると判断したこと

 

ターゲット【TGT】は米国株投資は始めた初期のころから保有していた銘柄なので、個人的には寂しさもあります。また状況変わったら拾うこともあるかもしれません。動向はウォッチしていこうと思います。

 

年間の受取配当金が少し減ってしまったので、他銘柄を物色中です!

スポンサーリンク
資産運用米国株配当金
スポンサーリンク
alpacaをフォローする
アルパカの資産形成探検記

コメント