【2020年米国株の手数料負け】値下げ合戦後、無料になった今お得な買い方を検証(SBI証券・楽天証券・マネックス証券)

スポンサーリンク
資産運用

こんにちは、アルパカです。

米国株含め、株式を購入する時は「手数料」が発生しますが、少しでも安くお得に買付けする方がわずかながらパフォーマンスは向上します。

そこで、2020年現在、主要証券会社(SBI証券・楽天証券・マネックス証券)での手数料を整理してみました。

 

スポンサーリンク

【2020年現在】米国株手数料負けは気にしなくていい

結論から言います。現在は手数料負けはあまり気にせず購入していいです。

2020年現在、主要三社の手数料は下記の通りです。

SBI証券 楽天証券 マネックス証券
約定代金の 0.45% 0.45% 0.45%
下限 0ドル 0ドル 0ドル
上限 20ドル 20ドル 20ドル

 

〜4,444ドルの買付け → 約定代金×0.45%の手数料が発生

4,445〜ドルの買付け → (約定代金に関わらず)20ドルの手数料が発生

 

これだけ覚えれば問題ありません!

注意したいのは「下限が0ドル」の部分で、これまであった「下限5ドル」の手数料が撤廃されているのですが、下限が撤廃されただけで、買付け時には必ず手数料が発生するということです。

ただ、少額での取引は格段にやりやすくなったと思います。

 

スポンサーリンク

手数料値下げの経緯

手数料値下げの経緯も下記にまとめておきます。

【2019年7月まで】

2019年7月までの米国株取引手数料はご覧の通りです。

SBI証券 楽天証券 マネックス証券
約定代金 0.45% 0.45% 0.45%
下限 5ドル 5ドル 5ドル
上限 20ドル 20ドル 20ドル

各社の値下げが行われた結果、完全に横並び状態が2年弱続いていました。

 

この手数料により、少額取引の場合、手数料率が高くなってしまう手数料負けも起こっていました。

約定代金 手数料(税抜) 手数料率(%)
〜1111ドル 5ドル 0.45%以上
1112〜4444ドル 5〜20ドル 0.45%
4445ドル〜 20ドル 0.45%未満

1,111ドルまでの取引の場合、必ず5ドル以上を支払う必要があったんですね。

10ドルの株を1株買う時に手数料5ドル払うみたいな。こんな状況を手数料負けと呼んでいました。

 

<参考記事>各社の値下げと過去あった手数料負けしない買い方はこちらでまとめてます

【お得な買い方】米国株購入時に手数料負けしないためには?何ドル以上で買えばいいのか調べてみた
※本記事では、2019/7/8以前の情報について書いています。 2020年最新情報をお知りになりたい方はこちらの記事をご覧ください! ...

 

ここにマネックス証券が切り込んでくれ、各社で手数料値下げ合戦、無料化が進んでいきました。

値下げの経緯

2019年7月4日:マネックスが7/8約定分から最低取引手数料を5ドルから0.1ドルに値下げ

2019年7月5日:楽天証券が7/22約定分から最低取引手数料を0.01ドルに値下げ

2019年7月8日:マネックスが楽天に追従。7/22約定分から最低取引手数料を0.01ドルに値下げ

2019年7月9日:SBI証券が7/22約定分から最低取引手数料の無料化を発表

2019年7月10日:楽天証券がSBIに追従。7/22約定分から最低取引手数料の無料化を発表

2019年7月10日:マネックスが追従。7/22約定分から最低取引手数料の無料化を発表

 

発端は7月4日のマネックス証券。これまでの常識を覆す手数料引き下げの発表をしてくれました。5ドルから0.1ドルですからね。1/50です。そして、翌日に楽天証券が追随します。しかも、0.01ドル。マネックス証券も追随します。この時はまだ手数料負けは存在し、2.2ドルまでの買付けであれば手数料負けするという状況でした。でも実際、そんな買付けする人いないと思います。

 

そして、当然SBI証券も黙ってません。無料化です。カッコいい!
そして、それに楽天もマネックスも追従する形となり、値下げ合戦は終戦を迎えます。

主要3社の下限手数料は撤廃され、手数料負けという概念もなくなりました。

個人的には、口火を切ってくれたマネックス証券と無料化に踏み切ったSBI証券に称賛を送りたいです。

 

<再掲>3社の手数料

SBI証券 楽天証券 マネックス証券
約定代金 0.45% 0.45% 0.45%
下限 0ドル 0ドル 0ドル
上限 20ドル 20ドル 20ドル

 

スポンサーリンク

手数料を抑える3つの方法

手数料負けはなくなりましたが、手数料を抑える3つの方法はあります。

①4,445ドル以上で売買すること

②売買回数をなるべくへらすこと

③安くドル転すること

この3つです。

①4,445ドル以上で売買すること

ご覧いただいた通り、下限はなくなりましたが、上限はあります。

資金に余裕がある人はこれを活用した方がいいでしょう。

5,000ドルでも1万ドルでも手数料は20ドルです。手数料が割安になっていきますね。

 

②売買回数をなるべくへらすこと

手数料は一度の取引につき発生します。頻繁に取引することはその分、パフォーマンスを低下させます。

 

③安くドル転すること

米国株を購入する際はドルで取引するのが割安です。

お得なドル転について、下記にまとめているのでぜひご覧ください。

アルパカは米国株を始めて依頼、ずっと住信SBIネット銀行でドル転してます。

 

<参考>お得なドル転方法について

米国株購入に必須なドル転のお得な方法。住信SBIネット銀行がオススメ!
こんにちは、アルパカです。 米国株を購入するために必要なドル転。 こちらの記事では、ドル転の「タイミング・頻度」についてまとめました。 ...

 

スポンサーリンク

まとめと取引方針

無料化によって起こったこと

  • 手数料負けの概念がなくなり、少額投資がしやすくなった(配当再投資含む)
  • 「配当再投資」や「NISAの残枠使い切る」みたいなケースでは嬉しい変化

こんな変化があったのではないでしょうか。

 

実際、アルパカもこれまでは1,112ドル以上で取引してましたが、
「あ、狙ってた銘柄いい感じに下がってる!でも、700ドルしかないや、いいや買っちゃえ!」
みたいなケースが増えてます。

500ドル〜1,000ドルで取引することが増えましたね。

 

無料化によって、初心者は特に取引のハードんが下がったのではないでしょうか。

投資環境が改善されていくのはとても嬉しいことですね。

 

 

<関連記事>ネット証券を比較しています

【米国株】(SBI・楽天・マネックス)ネット証券会社を比較してみた。メリット・デメリット
こんにちは、アルパカです。 米国株を取引するにあたり、どのネット証券を使おうか考えますよね。比較する点は「コスト」「機能」「使いやすさ」など多岐にわたりま...
スポンサーリンク
資産運用 米国株
スポンサーリンク
alpacaをフォローする
アルパカの資産形成探検記