【マネックス証券・楽天証券】米国株取引手数料引き下げ合戦!7/22から0.01ドルに!SBI証券も無料と追随!

スポンサーリンク
資産運用

こんにちは、アルパカです。

しばらく、投資もブログも放置しておりました。また徐々に再開していきます。

 

その間、米国株取引手数料引き下げの話でやんややんや言ってるではありませんか!
私、浦島太郎状態です。

備忘録も兼ねてまとめておきます。

 

スポンサーリンク

これまでの米国株取引手数料

従来までの米国株取引手数料はご覧の通りです。

SBI証券 楽天証券 マネックス証券
約定代金 0.45% 0.45% 0.45%
下限 5ドル 5ドル 5ドル
上限 20ドル 20ドル 20ドル

各社の値下げが行われた結果、完全に横並び状態が2年弱続いていました。

 

この手数料により、少額取引の場合、手数料率が高くなってしまう手数料負けも起こっていました。

約定代金 手数料(税抜) 手数料率(%)
〜1111ドル 5ドル 0.45%以上
1112〜4444ドル 5〜20ドル 0.45%
4445ドル〜 20ドル 0.45%未満

 

 

<参考記事>各社の値下げと手数料負けしない買い方はこちらでまとめてます

【お得な買い方】米国株購入時に手数料負けしないためには?何ドル以上で買えばいいのか調べてみた
※本記事では、2019/7/8以前の情報について書いています。 最新情報をお知りになりたい方はこちらの記事をご覧ください! ...

 

ところが今回、まずはマネックス証券から手数料値下げのアナウンスがありました。

 

スポンサーリンク

2019年7月22日からの米国株取引手数料

 

SBI証券 楽天証券 マネックス証券
約定代金 0.45% 0.45% 0.45%
下限 5ドル 0.01ドル 0.01ドル
上限 20ドル 20ドル 20ドル

楽天証券、マネックス証券ともに下限が5ドル→0.01ドルに引き下げられます。

米国株の良いところは1株単位で買えることです、すなわち少ない軍資金でも株式投資をすることができます。今回の手数料引き下げでさらに投資しやすくなりますね。

 


2019/07/09追記

ついにSBI証券も楽天、マネックスを追随する形で手数料値下げを発表しました。

それもなんと、手数料無料!

SBI証券|株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA
投資するならSBI証券。株、FX、投資信託、米国&#2...

その結果、下記の通りの手数料となります。

SBI証券 楽天証券 マネックス証券
約定代金 0.45% 0.45% 0.45%
下限 0ドル 0.01ドル 0.01ドル
上限 20ドル 20ドル 20ドル

マネックス証券が口火を切った手数料値下げ競争の結果、SBI証券が無料に踏み切りました。

今後、マネックス証券、楽天証券も無料に揃えてくることは容易に想像できます。

 


2019/07/10追記

案の定、マネックス証券も楽天証券も無料となりました。

その結果、下記の通りとなりました。

SBI証券 楽天証券 マネックス証券
約定代金 0.45% 0.45% 0.45%
下限 0ドル 0ドル 0ドル
上限 20ドル 20ドル 20ドル

手数料引き下げアナウンスの流れ

2019年7月4日:マネックスが7/8約定分から最低取引手数料を0.1ドルへと引き下げ発表

2019年7月5日:楽天証券が7/22約定分から最低取引手数料を0.01ドルへと引き下げ発表

2019年7月8日:マネックス証券が7/22約定分から最低取引手数料を0.01ドルへと引き下げ発表

 

発端は7月4日のマネックス証券。これまでの常識を覆す手数料引き下げの発表をしてくれました。5ドルから0.1ドルですからね。1/50です。そして、翌日、翌日に楽天証券が追随します。しかも、0.01ドル。凄い。マネックス証券としてもまさか翌日に、しかもトドメを指すような引き下げをしてくるとは意外だったかもしれません。そして、週明け8日にマネックスも楽天証券を足並みを揃える形になると発表しています。両社とも対応が早いです。

 

残すはSBI証券。私のメイン証券会社はSBI証券です。どんな対応をしてくるのか楽しみです。

 


2019/07/09追記

2019年7月9日:SBI証券が7/22約定分から最低取引手数料を無料にすると発表


2019/07/10追記

2019年7月10日:マネックス証券、楽天証券が7/22約定分から最低取引手数料を無料にすると発表

手数料負けしないボーダーライン

約定代金 手数料(税抜) 手数料率(%)
〜2.2ドル 0.01ドル 0.45%以上
1112〜4444ドル 0.01〜20ドル 0.45%
4445ドル〜 20ドル 0.45%未満

0.01ドルの場合、上記のように手数料負けが発生してましたが、無料になったことで、手数料負けという概念はなくなりました。

スポンサーリンク

今回の手数料引き下げで感じたこと

  • 手数料負担のハードルが下がり、少額投資がしやすくなった(配当再投資含む)
  • 個人的には2000ドル付近で購入することが多いので、あまりメリットを感じにくいものの、「配当再投資」や「NISAの残枠使い切る」みたいなケースでは嬉しい変化
  • どちらかと言うと「0.45%」の部分の引き下げをお願いしたい

感じたことはこんな感じでしょうか。

 

基本はこれまで通りの買い方になると思いますが、配当再投資などには使えそうです。

 

今回、最低手数料は各社無料という形で着地しました。業界に一石を投じ、より株式投資に取り組みやすくしてくれたマネックス証券に感謝です。

 

スポンサーリンク
資産運用米国株
スポンサーリンク
alpacaをフォローする
アルパカの資産形成探検記

コメント