Coincheckが盗難被害のNEMをJPYで補償!仮想通貨はやっぱり深入りしない理由

スポンサーリンク
資産運用

シックなアルパカでこんにちは。

この週末は仮想通貨NEM関連で随分ネットが賑わっていたようです。

私などはNEMホルダーにも関わらず、

 

こんなメールが26日(金)13:00に来れど、

「あ、そ。別に入金予定ないからどうでもいいわ」と、普段ならする背景調べもせずに放置し、後々ネットニュースでハッキング被害に合ったことを知った次第です。

のんびりしすぎ・・・?(笑)

 

そして、Coincheckによる、補償方針が発表されました。

===

総額       : 5億2300万XEM
保有者数   : 約26万人
補償方法   : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法   : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

===

なんと、日本円で補償するとの発表がありました!ちょっと驚き。

気になったのは返金原資が自己資金ということ。被害額580億円らしいのですが、自己資金潤沢にあるんですね。

その後、また暴騰してます・・・w

 

スポンサーリンク

やはり仮想通貨は投機かな

「思い立ったら即行動!」をわりと信条にしている自分も仮想通貨に手を出しました。

が、なんでしょう。気になる存在ではありますが、深掘りして調べるということはまったくする気になりません。投入額が極小ということもあり、この騒動に対して、普段ならガラスのハートの私が微塵も動揺しませんでした。良くも悪くも対岸の火事を見ている気分です。

Coincheckは大丈夫なのか?今後のNEMは?仮想通貨はどうなるのか?あんまり調べる気にならないんですよね〜。

投入額ってやはり大きいですね。心穏やかでいられる資産運用を目指していきたい。

 

仮想通貨は、

  • そもそも仮想通貨なるものをあまり理解していない
  • 仮想通貨自体が価値を生むものではない

ことから、これまで同様一定の距離感を保って静観していようと思います。

 

資金も時間も注力すべきはやはり、米国株!

資産形成(投資)において米国株がオススメである理由①
こんにちは、アルパカです。 米国株に対する注目が集まっています。そこで、米国株に投資する理由を整理しておこうと思います。理由が多いので、何回かに分けて書き...
資産形成(投資)において米国株がオススメである理由②
こんにちは、アルパカです。 前回に続き、米国株に投資する理由②です。 米国企業は株主還元に積極的なことで知られています。 配当...
資産形成(投資)において米国株がオススメである理由③
こんにちは、アルパカです。このシリーズも3回目です。 アメリカはイノベーションが育つ国 アメリカのシリコンバレーを聞いたこと...

 

 

スポンサーリンク
資産運用雑記
スポンサーリンク
alpacaをフォローする
アルパカの資産形成探検記

コメント