投資を始めるのは早いほどいいのか?

スポンサーリンク
投資方針

こんにちは、アルパカです。

私は株式投資を初めて行ったのは20歳の時でした。

その後、距離を置き、また本格的に始めたのは30歳になってからです。

今となっては20歳で手をつけてからずっと継続してれば良かったなとも思ったりしますが、30歳で株式投資の重要性を気付くことができて良かったとも考えています。周りの同年代はほとんどやっていませんし。

 

株式投資を始めるのは早ければ早いほど良いです。

時間を見方につけることができるからですね。

 

スポンサーリンク

経験者はどの年代でも「もっと早くから始めれば良かった」と思っている

左軸が回答時の年齢で「株式投資をいつから始めたかったか」という質問への回答です。

どの年代でも「20代」をあげていることが特徴的ですね。

多くの人が働き始め、独身であれば自分自身に使えるお金が多くあるタイミングでもあります。始める年代としては最適ですね。

 

それに、

ダウ様のこんなチャートを見せつけられたらいち早く始めようという気がしない方がおかしいです。

 

スポンサーリンク

時間を見方につけるためにも今すぐ

先人達の後悔を参考にしつつも、やはり株式投資は早く始めた方がいいですね。

とはいえ、始める時は躊躇してしまうものです。大事なお金なので。

今振り返ると、こんなところがポイントかなーと思います。

  • 株式投資をするならタイミングは見図らず、即時!
  • とにかく証券会社開設だけは今すぐ(暴落チャンスを逃すことになる)
  • 米国株ならまずはS&P連動ETFを買っとけば問題なし
  • インデックスならFund of year 上位商品
  • 生活防衛資金貯まってなくても、少額の投信積立やるべき
  • 個別株、ETFは全額は一気に投資せず、まずは10-15%とか分散させて
  • 投資ルールとか投資方針はやりながら考えればOK

ああだこうだ言う前にまず飛び込んでみるのが一番大事です。飛び込んでみれば知らなかった世界が広がってますから。

 

時間は最大の資産ですね☆

 

 

 

スポンサーリンク
投資方針資産運用
スポンサーリンク
alpacaをフォローする
アルパカの資産形成探検記

コメント