【PFE】ファイザーより増配後の配当金入金!世界最大の製薬会社(ヘルスケアセクター)

スポンサーリンク
資産運用

こんにちは、アルパカです。

少し前になりますが、世界最大の製薬会社ファイザー【PFE】から配当金をいただきました。

 

スポンサーリンク

ファイザー【PFE】から3回目の配当金

税引き後、21.42USDが入金されました。今回で3回目となります。

 

◆基本指標

2018/3/20終値時点
ティッカー PFE
株価 36.33
PER 16.55
EPS 2.19
配当利回り 3.74
配当性向 46.1

 

◆3年チャート

2月初旬の金利上昇による株価下落があったものの、持ち直してきており、上昇トレンドになっています。

 

配当利回りも3.7%を超え、十分満足できる水準です。

配当性向も50%以下なので、まだ増配余地はありそうです。
昨年12月には6.3%の増配(0.32→0.34USD/株)を発表し、株主を安心させてくれました。今回の入金分より増配されています。

 

スポンサーリンク

売上高2位に後退

一昨年まで1位だったファイザー、昨年は2位に後退しています。

抗がん剤の売上が好調だったロシュが初めて1位の座に輝いています。ファイザーの売上も下がっていますね。

 

製薬会社は特許切れが売上が与える影響が大きかったりしますが、景気の影響を受けにくい側面もあります。

 

かつては配当貴族銘柄であったファイザー。

リーマンショック時に減配してしまっていますが、また増配を続けています。

安定したキャッシュフローなので、安心して保有できます。

 

 

<関連記事>同セクターの【GSK】も保有しています

息子がインフルエンザに、その間に父はグラクソ・スミスクライン【GSK】を買った話
こんにちは、アルパカです。 皆様、寒さが続きますが、お身体大丈夫でしょうか。風邪などひいてないでしょうか。 先週の話ですが、愚息がインフルエ...

 

<関連記事>2018年ダウの犬銘柄でもあります

【ダウの犬】2018年版!初心者でもできる簡単米国株投資
こんにちは、アルパカです。 米国株投資には「ダウの犬戦略」というものがあります。 【ダウの犬戦略】とは?ダウの負け犬とも? ダウの犬投資法の手...
スポンサーリンク
資産運用米国株配当金
スポンサーリンク
alpacaをフォローする
アルパカの資産形成探検記

コメント