投資は人生の一部である。だが、一部でしかない

スポンサーリンク
投資方針

こんにちは、アルパカです。

 

我が家には2歳の息子がいます。もう立派に自分の意志をきちんと言葉で示すようになりました。また、初夏に子どもの二人目を迎えます。とっても楽しみです。

この週末、妻とやんややんやと近未来の将来について話しておりました。

 

家族旅行

妻「二人目産まれる前に3人で旅行行きたいね〜。」

私「お、いいねー!星野リゾート行っちゃうー?」

妻「いいねー!じゃあ、さがそっか!どこがいいかな〜。わ!軽井沢とか10万超えるよ!」

 

車の買い替え

妻「二人目産まれたらクルマどうしよっか?(今のクルマじゃ小さいだろうから)買い換える?車検6月だよー。電気自動車気になってるんだけどどうかな?」

私「電気自動車かー。ミニバンがいいなー」

妻「電気自動車静かだし。月平均8,000円くらいガソリン代浮くらしいよ」

私「車本体いくらなん?」

妻「250〜300万円くらいが多いっぽい〜」

私「月8,000円なら年間10万円。仮に10年乗るとしても150万円以下の車ならガソリン車が安い感じか〜」

 

息子の習い事

妻「そろそろ習い事とかさせようかな?」

私「そうだね〜なんか興味ありそうなのあるかな?」

妻「何がいくらかかるんだろうね〜」

 

 

そんな感じで。

ワクワクする話題もあれば、いろいろ決めないとなーと思ったりするものもあります。

 

スポンサーリンク

投資の目的を見失わないように

将来のことを考えるのは基本的に好きです。ワクワクして楽しいですよね。どんな未来が待ってるのか、どんな未来を描こうかって。

でも、何をするにもお金の問題がつきまといます。当たり前ですw

仙人みたいな生活しない限り、現代で生きていく上ではお金は必要です。

 

そのお金を増やすために投資をしています。

同時に感じたこともあります。

「投資は人生の一部だけど、あくまで一部だな、と」

 

こうやって、毎日お金に関することをブログでアウトプットし、
ネットでも投資に関することを情報収集し、
日本市場が始まる9:00とニューヨーク市場が始まる23:30を気にしつつ、日々の生活を送っていると、頭の中のシェアがどうしても投資に関することでいっぱいになりがちです。(少なくとも私は)

もちろんそれはそれでいいんですが、やっぱり最優先は家族です。本業も疎かにしたくないです。

 

「家族が幸せに暮らせるような環境は整えたい」

「子どもの“やりたい”を引き出し、実現できるようなサポートは可能な限りしたい」

もちろん、それを実現するためにはお金は最低限必要であって、そのための投資なんですが、ともすると、投資それ自体が目的になってしまいそうになる時があります。

 

子どもの教育費を準備するにも、

貯金か、学資保険か、つみたてNISAか、ジュニアNISAを比較し、大学入学時の資産額はどう違うのか、ということを検討していましたが、そもそも大学進学が必要なのか、といったことから夫婦で話しています。

そんなこんなを空想していたら、こんな記事もありました。

ジュニアNISA、学資保険、預貯金。児童手当の運用先の悩みなんて些末な問題です
4ヶ月毎に振り込まれる児童手当。今月も長女(6歳)分の40,000円、次女(1歳)分の60,000円、合計で100,000円が振り込まれていました。もちろんこのお金は、私の児童手当の運用方針に基づいて、即日子どもの証券口座へ振り込んだ後、ジ

 

とても参考になりました。

 

こういったことを感じたからといって、投資は今後も継続していきますし、投資方針が変わることは今のところありません。人生に必要なので。

ただ、あくまで人生を豊かにする一手段であることを忘れないようにして、家族との時間を大事にしたいと改めて感じた週末でした。

コメント