eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は全世界株式投資のド定番となりえるのか?メリットとデメリット

スポンサーリンク
資産運用

こんにちは、アルパカです。

資産形成の最適解の一つに”全世界の株式に長期投資すること”が挙げられます。

  • 1900年-2016年の全世界株式の平均リターンは5.1%であり、かつ債券のパフォーマンスを+3.2%上回っている
  • 2050年には世界人口が97億人に達するなど人口増加とそれに伴う経済成長が見込めること
  • 新興国を中心に、世界にはまだまだ成長余地がある国があること

などが理由として挙げられます。納得です。

私も今後も世界的な経済成長はしていくと思います。

 

そんな背景で全世界株式の投信を購入することを検討しています。
子どもの教育資金用かな?
まだ決めてないのですが、いろいろ可能性を探っている段階です。

私がオススメしているeMAXIS Slimシリーズでも商品ラインナップが非常に充実しており、全世界株式に投資できる商品が増えてきてます。

 

2018年4月に発売されたeMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)もその一つですね。

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)が発売!
こんにちは、アルパカです。 桜が満開でキレイですね。 2018年4月3日から「eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)」が販売され...

 

<関連記事>eMAXIS Slimシリーズは業界最低水準の運用コストを目指すことを宣言しており、低コストでとてもオススメできるファンドです。

【オススメ投信】eMAXIS Slimシリーズは業界最低水準の運用コストを目指すインデックスファンドの決定版!
こんにちは、アルパカです。 一昔前まで、投資信託は資産運用の中心的存在とは言えない状況でした。 手数料(信託報酬)が高いアクティブファンドが中心に販...

 

 

そんなeMAXIS Slimシリーズから、今回は全世界株式に投資できる「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の概要

ファンド名 eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
運用会社 三菱UFJ国際投信
対象指数 MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス
(配当込、円換算ベース)
購入時手数料 なし
信託財産留保額 なし
信託報酬 0.142%(税抜) 0.15336%(税込)
設定日 2018年10月31日
決算日 毎年4月25日

2018年10月に発売され、まだ半年も立っていない新しいファンドです。

eMAXIS Slimシリーズは2018年に次々と良い商品を世に出してくれてます。

3月:eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
4月:eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)
7月:eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

 

結果、ラインナップもかなり充実。

◆eMAXIS Slimシリーズラインナップ

 

投資対象は全世界株式!

対象指数はMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスです。

日本・先進国株式・新興国株式の3地域からなる全世界の株式市場平均を追従するインデックスになってます。日本を含む先進国23ヶ国+新興国24ヶ国の計47ヶ国の株式が対象です。

銘柄数も2700以上の大型株・中型株で構成されており、十分に分散されています。

これ一本で、世界の株式を最安コストで丸ごと買えるというわけですね。楽ちんの極みです。

投資の世界では分散が重要と言われますが、株式のみであるとはいえ、エリアの国際分散を可能にしてくれていますね。

いちいち投資に割く時間を作りたくなく、世界の経済成長を享受したい方、また初心者の方にはぴったりの商品なのではないでしょうか。

ただ、全世界の金融資産の55%は米国です。全世界を取り入れているがゆえに米国市場の伸びよりも劣後する可能性はあります。

 

他のeMAXIS Slim 全世界株式との違い

eMAXIS Slim には他に2本の全世界株式を対象としたファンドがありますが、違いは名前にある通りですね。

 

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
→日本を除く全世界の株式が対象

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)
→日本株式・先進国株式・新興国株式に1/3ずつ均等に投資

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
→時価総額加重配分で全世界株式に投資

 

ちなみに現在の純資産総額はこちら。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本):50.98億円
eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型):9.84億円

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー):27.28億円

「3地域均等型」が出遅れてる感じですね。「除く日本」と「オールカントリー」は設定日を考慮するとほぼ同じペースで積み上がっている状況です。

ファンドの仕組み

ファミリーファンド方式となっており、外国株式・新興国株式・日本株式のマザーファンドを通じて、全世界株式に投資します。

競合は楽天VT

全世界株式に投資できる投信はここ最近でかなり環境が変わってきました。

競合の筆頭は楽天VTこと「楽天・全世界株式インデックスファンド」と言えるでしょう。

 

楽天VTとの比較

【信託報酬(税込)】

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー):0.15336%
楽天VT:0.2296%

さすがは低コストのeMAXIS Slim。

 

【純資産総額】

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー):27.28億円
楽天VT:205.05億円

こちらは楽天VTに軍配。ただし、eMAXISが2018年10月、楽天VTは2017年9月に設定されています。こういう時は純資産総額の伸びを見ることが大事ですね。総額が大きくても実は人気がなくなってきている、なんてことも往々にしてあります。

 

◆eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の月次資金流入

◆楽天VTの月次資金流入

最新2月28日時点でのSBI証券によるデータです。これを見ると、月次資金流入額はまだ楽天VTの方が多そうです。が、ここ半年くらいを見ると流入額が減ってそうな気がするのは私だけでしょうか。

 

あくまで私見ですが、このどちらかに投資するとしたら私はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を選びます。

 

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」において見事3位を獲得する人気ファンド!

ご覧の通り、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」で3位を獲得するなど、投資家からも人気を博しています。

先述した楽天VTは9位となっています。(FOY2017は1位でした)

三菱UFJ国際投信としては、楽天VTの好調ぶりを静観できなかったでしょう。

今までなかった全世界株式の投信を2018年に3本発売。その一つオールカントリーが見事3位に食い込む形となりました。純資産総額も積み上がってきています。

 

ちなみにこのFOY2018、20位まで見るとeMAXIS Slimシリーズが7本もランクインしています。

 

 

スポンサーリンク

メリットデメリット

メリット

  • これ一本で全世界株式に投資ができる
  • 国際分散しているので、リバランスが不要。ほったらかしでOKで楽ちん。
  • 全世界株式に投資する上でのコストは最低水準

デメリット(懸念点)

  • 人気ファンドであるものの、純資産総額が今後順調に伸びていくか気になる
  • 米国市場の伸びよりもアウトパフォームする可能性がある

 

スポンサーリンク

で、どうするのか?

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)について書いてきました。とても良い商品ですね。現在、私のポートフォリオの中心が米国個別株なので、分散としてこのファンドを積み立てていくことも考えています。

ただ、全世界株式 VS 米国株式 を比較すると、米国株式だけでいい気もしています。このことはまた別の機会でまとめようと思います。

なので、冒頭にも書いてようにもう少しいろんな可能性を探ってみようと思います!

 

<関連記事>eMAXIS Slimシリーズでは「米国株式(S&P500)」と「バランス(8資産均等型)」に積立投資をしています!

低コストファンドeMAXIS Slim S&P500の積立開始!iFree S&P500、楽天VTIとの違いは?
こんにちは、アルパカです。 今更ながら、2018年7月3日に発売された「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の積立設定を執り...
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)の信託報酬が0.160%に引き下げ!さらにオススメに!
こんにちは、アルパカです。 昨日に引き続き、eMAXIS Slimシリーズの紹介です。 今回はeMAXIS Slimシリーズの中でも最も純資産額が大...
スポンサーリンク
資産運用投資信託
スポンサーリンク
alpacaをフォローする
アルパカの資産形成探検記

コメント