【ダウの犬】米国株・高配当戦略オススメ銘柄の2019年1Qのパフォーマンスは?

スポンサーリンク
資産運用

こんにちは、アルパカです。

私は米国株に投資し、享受する配当金を最大化することを目指しています。その中で「ダウの犬投資法」というものにも着目しています。

今回はダウの犬銘柄の2019年1Qのパフォーマンスを見てみました。

 

スポンサーリンク

「ダウの犬」投資法とは?

ダウの犬投資法の手順

①12/31(最終営業日)時点において、NYダウ工業株(30銘柄)のうち、配当利回りの高い上位10銘柄に均等分散投資

②1年後、もう一度NYダウ採用の配当利回り上位10社をスクリーニング。1年前に投資した銘柄で、上位10社から外れた銘柄を売却し、代わりに新しく上位10社に入った銘柄を購入

③これを繰り返す

NYダウ工業株30種とは

世界で最も有名な株価指数です。30銘柄で構成され、アメリカを代表するクオリティの高い企業の動きを表す指数とみなされています。そのため、米国市場全体の動きをあらわす指標であるとは必ずしも言えません。時代の流れを反映し、不定期に銘柄の入替が行われています。1896年に12銘柄で算出が開始され、1916年には20銘柄、1928年には30銘柄に拡大されました。

(引用)SBI証券

「超優良企業」であり、「高配当」であり、株価が安くなっているタイミング(ゆえに高配当)において投資することにより、高パフォーマンスを狙う投資法です。

 

スポンサーリンク

「ダウの犬」銘柄(2019年版)

そして、2019年版のダウの犬銘柄がこちら。

No. ティッカー 社名 利回り
1 IBM IBM 5.52%
2 XOM エクソンモービル 4.81%
3 VZ ベライゾン・コミュニケーションズ 4.29%
4 CVX シェブロン 4.12%
5 PFE ファイザー 3.30%
6 KO コカ・コーラ 3.29%
7 JPM JPモルガン・チェース 3.28%
8 PG プロクター&ギャンブル 3.12%
9 CSCO シスコシステムズ 3.05%
10 MRK メルク 2.88%

 

優良企業がズラリと並んでますね。

 

<関連記事>過去のダウの犬銘柄の移り変わりについてまとめてます。合わせてどうぞ。

【ダウの犬銘柄・2019年版】おすすめ米国株・高配当戦略の注目投資法!
こんにちは、アルパカです。 米国株の高配当戦略で有名な投資法があります。 「ダウの犬」投資法です。今回はダウの犬(2019年版)について書いてみまし...

 

スポンサーリンク

2019年1Qのパフォーマンス

さて、パフォーマンスです。結果はどうだったのでしょうか〜?

※モーニングスターでの株価比較が8銘柄までだったので、グラフが2つに分かれます。

けっこうパフォーマンスが良さそうですね。表で一覧にします。

 

◆2019年1Qのパフォーマンス

No. ティッカー 社名 パフォーマンス
1 IBM IBM +22.47%
2 XOM エクソンモービル +15.94%
3 VZ ベライゾン・コミュニケーションズ +5.55%
4 CVX シェブロン +11.28%
5 PFE ファイザー ▲1.80%
6 KO コカ・コーラ ▲0.15%
7 JPM JPモルガン・チェース +1.93%
8 PG プロクター&ギャンブル +13.99%
9 CSCO シスコシステムズ +25.70%
10 MRK メルク +10.03%

 

マイナスに転じているのはなんと【PFE】【KO】の2銘柄のみ。他8銘柄は高パフォーマンスとなっています。特に【CSCO】なんて25.70%!

2018年の株価下落でダウの犬銘柄1位となった【IBM】も22.47%と非常に好調です。

 

ちなみにNYダウ工業株が+11.15%、S&P500が+13.07%となってます。

ダウの犬銘柄のうち【IBM】【XOM】【CVX】【PG】【CSCO】の半数の銘柄がNYダウを上回っている形となります。なかなかのパフォーマンスと言えるのではないでしょうか。

 

というか、2019年に入ってから相場が好調すぎです。2018年末の暴落が嘘のよう。。。

 

スポンサーリンク

これからも配当金を最大化していきます

2019年のダウの犬銘柄のうち、私が保有しているのは【PG】【KO】の2銘柄。

以前は【PFE】も保有していましたが、手放してしまいました。

【資産運用】2018年の株式売買実績・アセットアロケーションまとめ
こんにちは、アルパカです。 2017年から始めた米国株投資も2年が経ちました。2018年はボラティリティが非常に高い相場となり、2017年のように上昇続き...
【PFE】ファイザーより増配後の配当金入金!世界最大の製薬会社(ヘルスケアセクター)
こんにちは、アルパカです。 少し前になりますが、世界最大の製薬会社ファイザー【PFE】から配当金をいただきました。 ファイザー【PFE】から3回...

 

ダウの犬投資法は超優良企業に投資し、安定した配当金を享受することが見込めます。

この銘柄群から新規投資するかはわかりませんが、今後も動向をチェックしていこうと思います。

 

 

<関連記事>25年連続増配の配当貴族もオススメ銘柄がたくさん!

【配当貴族銘柄・2019年版】米国株の25年連続増配達成のオススメ銘柄
こんにちは、アルパカです。 米国企業は株主還元として、配当金を積極的に出し、そして増配する企業が多い傾向にあります。 配当金は企業としても非常に大事...

<関連記事>2019年は配当貴族の中からアッヴィ【ABBV】に新規投資しました!

配当貴族の優良銘柄アッヴィ【ABBV】を新規購入しました!
こんにちは、アルパカです。 アッヴィ【ABBV】を新規購入しました。まずは様子見で16株@78.9ドルでの購入です。 アッヴィ【ABBV】は世界...
スポンサーリンク
資産運用米国株配当金
スポンサーリンク
alpacaをフォローする
アルパカの資産形成探検記

コメント